設備で考える

一戸建てと芝生

賃貸マンションを経営するオーナーにとっては、収益を最大化する戦略を持つことが最も重要である。
そのためには入居率を限りなく100パーセントに近づけるための作戦を考えるべきであろう。
そして入居希望者が魅力を感じるような設備と賃料設定を考えることがポイントである。
特に入居希望者が気軽に募集に応募できるように、敷金や礼金をゼロにする物件が増えているのが最近のトレンドである。
またオーナーが柔軟に家賃の値下げにも対応することで、結果として入居率を高めることに成功することも可能であろう。
そして大家自身が仲介手数料を負担することで、入居者募集時に仲介手数料無料を実現しているのが、最近募集中の物件の特徴であろう。

マンションが本格的に建設されるようになって50年以上の歴史があるが、時代に合わせて様々な賃貸マンションが登場してきたのが特徴的である。
特に不動産投資ブームがピークに達したときには、シングル向けのワンルームマンションが多数建設されたのが象徴的であろう。
しかし最近では国内人口もピークを迎えたために、一つ一つの物件の質を高めるのがトレンドである。
したがって最近の数年間では、シングル向けでも広い間取りの物件が著しく増加中である。
またデザイナーズマンションのように、個性を追求するのが最近の時代の流れである。
そして今後はシングル向けだけではなくて、ファミリータイプや高齢者向けなど、需要の多様化に合わせて個性豊かな物件が登場するであろう。