古くても良い

家の廊下

賃貸マンションは後悔しないように納得いくまで探すことが大切です。
そのためには時間に余裕を持って探すことです。
最低2ヵ月くらいは部屋探しの期間をとることが理想です。
時間があれば沢山不動産屋に足を運ぶ時間が取れます。
それに対象物件の下見も沢山できます。
不動産の下見は予約をすれば無料で何件でもできます。
本当に気に入った賃貸マンションに住みたいなら、複数の賃貸物件を下見して、見比べてから決めることです。
下見では部屋の中のチェックはもちろんのこと、周辺環境やマンションの共有部分のチェックも大事です。
エントランスなどの共有部分が綺麗に掃除されているかどうかを見ることで、管理会社がしっかり機能しているかを確認できます。

沢山の賃貸物件の下見をすることは良い事ですが、あまりに沢山の賃貸物件を下見してしまうと、逆に一つに決めるのが難しくなる可能性があります。
本当に気になる物件だけに絞って、最低3件、多くても10件以下に抑えて下見をすることをお勧めします。
また、希望家賃よりオーバーした物件の下見はタブーです。
どうせ借りれない物件の下見をしても時間の無駄です。
それに一度ハイグレードな物件を見てしまうと、現実的にランクを落とすのが大変になります。
下見をする時は家に帰ってからゆっくりと確認できるように、気になった点などをメモしておくことも大事です。
ひとつひとつの物件のいい点、悪い点を細かくメモしておくと、後で他の物件と比較するときの資料になります。